新着情報

  • 2018/9月

    第36回日本ロボット学会学術講演会でGabriel 君らがInternational Session Best Paper Award を受賞。

    第36回日本ロボット学会学術講演会で発表を行った Daniel Gabriel (Tokyo Institute of Technology), Ryosuke Kojima (Kyoto University), Kotaro Hoshiba (Kanagawa University), Katsutoshi Itoyama (Tokyo Institute of Technology), Kenji Nishida (Tokyo Institute of Technology), Kazuhiro Nakadai (Tokyo Institute of Technology, HRI-JP) による “Case study of bird localization via sound in 3D space” という論文が,International Session Best Paper Award を受賞しました.
  • 2018/9月

    第36回ロボット学会学術講演会での発表

    第36回ロボット学会学術講演会が中部大学で開催され,研究室のメンバの,Gabriel 君,谷口君,糸山先生がそれぞれ発表を行いました。
    また、糸山先生らが「ロボット聴覚とその展開」というOSを開催し,活発な議論が行われました。

  • 2018/8月

    IEEE Ro-MAN 2018 Workshop on Human-Robot Interaction through Virtual Reality (HRI-VR) を開催しました。

    IEEE Ro-MAN 2018VRに関するワークショップ(HRI-VR)を開催しました。
    4名の招待講演と4件の一般発表を通じ,活発な議論が行われました。
  • 2018/8月

    The 27th IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2018) で発表

    修士二年の谷口君が、2018/8/27-31 に中国 南京で開催されたRo-MAN 2018
    Signal Restoration Based on Bi-directional LSTM with Spectral Filtering for Robot Audition
    というタイトルで発表を行いました。
  • 2018/8月

    第6回 ImPACT TRC フィールド評価会の記事がNICTのWEBページで公開されました。

    2018/6/14に福島ロボットテストフィールドで実施した
    「ドローン聴覚と見通し外通信技術を用いた遠隔音源探査ドローンの駆逐 ~ドローンで被災者の声を聴き、遠方から届ける~」
    に関する記事動画が公開されました。

  • 2018/7月

    東京新聞 2018/7/2 朝刊にドローンの記事が掲載

    東京新聞 2018/7/2 朝刊の新技術のコラムに「耳を澄まし遭難者を探す」として、当研究室が進めているドローン研究の記事が掲載されました。

  • 2018/3月

    情報処理学会 第80回全国大会

    ’18年3月,早稲田大学で行われた「情報処理学会 第80回全国大会」にて,高尾麻衣子さんの発表が「学生奨励賞」に選ばれました.
    選奨対象
    高尾麻衣子,干場功太郎(東工大),中臺一博(東工大/ホンダRIJ):”可聴音を用いた周波数自動選択に基づく距離推定法の検討”

  • 2017/3月

    情報処理学会 第79回全国大会

    ’17年3月,名古屋大学で行われた「情報処理学会 第79回全国大会」にて,Daniel Gabriel君の発表が「学生奨励賞」に選ばれました.
    選奨対象
    Daniel Gabriel,小島諒介,干場功太郎(東工大),中臺一博(東工大/ホンダRIJ):”Iterative Outlier Removal Method Using In-Cluster Variance Changes in Multi-Microphone Array Sound Source Localization.”

  • 2016/12月

    5th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan

    ’16年12月,ハワイ・ホノルルで行われた「5th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan」にて,干場功太郎の発表が「Student Council Suggested Talks for Students」に選ばれました.
    選奨対象
    Kotaro Hoshiba (Tokyo Tech), Kazuhiro Nakadai (Tokyo Tech / HRI-JP), Shinnosuke Hirata, Hiroyuki Hachiya (Tokyo Tech): “Noncontact measurement of body position and vital information using airborne ultrasound”

  • 2016/11月

    ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ 第三回フィールド評価会 公開デモンストレーション

    ’16年4月,東北大学で行われた「ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ 第三回フィールド評価会」屋外フィールドにて,ドローン搭載マイクロホンアレイを用いた音源探査の公開デモンストレーションを行いました.

  • 2016/9月

    中臺一博教授が日本ロボット学会 Advanced Robotics Paper Awardを受賞

    ’16年9月,中臺一博教授が日本ロボット学会 第4回 Advanced Robotics Paper Awardを受賞しました.
    受賞対象
    Yoshiaki Bando, Takuma Otsuka, Takeshi Mizumoto, Katsutoshi Itoyama (Kyoto Univ.), Masashi Konyo, Satoshi Tadokoro(Tohoku Univ.), Kazuhiro Nakadai(HRI-JP / Tokyo Tech), Hiroshi G. Okuno(Kyoto Univ.): “Posture estimation of hose-shaped robot by using active microphone array”, Advanced Robotics, Vol.29, No.1, pp.35-49, Jan., 2015.

  • 2016/9月

    小島諒介君が日本ロボット学会 研究奨励賞を受賞

    ’16年9月,小島諒介君が日本ロボット学会 第31回研究奨励賞を受賞しました.
    受賞対象
    小島諒介, 杉山治 (東工大), 鈴木麗璽 (名古屋大), 中臺一博 (東工大 / HRI-JP): “音源アノテーション補助のための音源位置を考慮した同定モデル”, 第33回日本ロボット学会学術講演会, Sep., 2015.

  • 2016/6月

    ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ 第二回フィールド評価会 非公開デモンストレーション

    ’16年6月,東北大学で行われた「ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ 第二回フィールド評価会」ポスター会場にて,ドローン搭載マイクロホンアレイを用いた音源探査の非公開デモンストレーションを行いました.

  • 2016/4月

    国際ドローン展 出展

    ’16年4月,幕張メッセで開催された「国際ドローン展」にて,「ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ」として出展し,研究成果を発表しました.その様子がニュースサイトに掲載されました→こちら(マイナビニュース)

  • 2010/3月

    HARK Texi デモ

    Willow Garage 社 Texai に HARK 搭載実験
    ’10年3月,カリフォルニア州にあるウィローガレージ社に行き,テレプレゼンスロボット「Texai」に HARK を搭載し,デモを行ってきました.デモの様子はこちら(YouTube)

研究室紹介

本研究室は2006年に中臺研として発足して以来,ロボット聴覚・環境理解研究を中心に研究を行っています。

 

2017年6月からは,(株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(HRI-JP)との間で,次世代AIロボティクス共同研究講座を立ち上げ,装い新たにスタート切りました。

 

これまでのロボット聴覚,環境理解といったコア研究に加えて,AI・機械学習,ロボティクス,信号・音声処理を融合した新しい分野の創出に取り組んでいます。

 

共同研究講座という性質上,配属になった学生は,本学だけでなく,共同研究講座の相手先である(株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(HRI-JP)(埼玉県和光市)でも研究を進めていくことも可能な体制を整えています。なお、研究室の運営は,井村研,早川研と協力して行っています。

Back to Top